マネキンの見た目を任意のNPCに変更するMODを作ろう

等身大わら人形であるマネキンの見た目を、任意のNPCに変更するMODを作りたいと思います。

Creation Kit (CK) が使える環境さえあれば、バニラのNPCに変更するための所要時間は10分です。


1. バニラのNPCに変更する

1-1. ファイルを読み込む

まずはCKを起動し「HearthFires.esm」をマスター指定して読み込みます。DLCハースファイアのマネキンと、それ以外の自宅のマネキンは別の Actor なので、それぞれに設定が必要になります。

1-2. 使いたいNPCの Editor ID を確認する

Object Window で、Actors > Actor の中から使いたいNPCを探し、Editor ID を確認しておきます。

1-3. マネキンの設定を変更する

Actors > Actor から、「BYOHHouseMannequin」と「PlayerHouseMannequin」とを探して編集します。

設定画面を開いたら、下図のように変更していきます。

まずは左下の「Template Data」で、「ActorBase」に先ほど確認したNPCの Editor ID を指定します。そして、「Use Traits」にチェックを入れます。このチェックを入れると、常に指定されたNPCの見た目を使うようになり、美化MODを入れている場合にはそれが反映されます。

さらに、「Inventory」タブの「Default Outfit」に「DefaultSleepOutfit」を指定します。これで、マネキンがあらかじめ服を着てくれるようになります。指定する Outfit は別のものでも構いません。「NONE」だと裸のままになります。

ただし、セーブデータ内で出現済みのマネキンには Outfit 設定がうまく効きませんので、指定しても裸になってしまうと思います。未作成のハースファイアのマネキンなら、作成した時に Default Outfit を着ます。

あとは esp を保存し、ロードオーダーに加えてテストプレイしてみましょう。

2種類のマネキンには、それぞれ別のNPCを指定することも可能です。ハースファイアとそれ以外の家で、マネキンの見た目が異なるというのも良いかもしれませんね。

着せ替えが思いのほか楽しくなるから試してみて。

2. MODで追加されたNPCに変更する

フォロワーMODなど、他のMODで追加されたNPCに変更する方法です。うちの環境だけかもしれませんが、CKは他の esp をうまくマスター指定してくれませんので、少し工夫が必要になります。

守るべき注意点として、参照したMODの作者様の許可を得ずに、作成した esp を配布しないようお願いいたします。

2-1. 参照したいMODも含めてファイルを読み込む

説明のため、参照したいMODの例として「FollowerMOD.esp」という esp を用意しました。マネキンを変更するMODは「MannequinMOD.esp」という名称で作成していきます。

まずはファイルの読み込みです。「HearthFires.esm」に加えて「FollowerMOD.esp」にもチェックを入れて読み込みます。FollowerMOD.esp の Status は「Plugin File」のままです。

Active な esp を指定しないと以下のメッセージが出ますので、そのまま「はい」を選択して次に進みます。

2-2. バニラのNPCの場合と同様に設定する

バニラのNPCと同様に、使いたいNPCの Editor ID を確認します。MODのNPCが見つからなければ、先に xEdit を使って探すと良いでしょう。

そして、上で説明した通りに「BYOHHouseMannequin」および「PlayerHouseMannequin」の設定を変更してください。

それが出来たらCKで Save します。この説明では「MannequinMOD.esp」という名称で保存しました。CKの作業はここまでですので、次に行く前にCKを終了させます。

2-3. xEdit で修正作業を行う

MannequinMOD.esp は、FollowerMOD.esp を参照して作りました。しかし、CKで保存するときにマスター指定は付かず、FollowerMOD.esp を参照することはできなくなっています。そのまま使うと確定でCTDしますので、これを修正していきます。

作成した esp を xEdit (LE版 / SE版) で開きます。読み込む際、FollowerMOD.esp と MannequinMOD.esp との両方に必ずチェックを入れてください。

MannequinMOD.esp の変更箇所を確認すると、< Error: Could not be resolved > と表示されている項目がいくつかあると思います。参照したMODによりエラー項目は異なりますが、どの場合も「TPLT – Template」はエラーになっているはずです。

このエラーを修正するため、まずマスター指定を行います。MannequinMOD.esp を右クリックして「Add Masters…」を選択します。

出てくるダイアログで「FollowerMOD.esp」にチェックを入れてOKすれば、マスター指定されます。

エラーになっていた「TPLT – Template」に入れるのは、参照したNPCの FormID です。FollowerMOD.esp の中から対象のNPCを探し、「FormID」の欄をダブルクリックします。

するとグレーアウトのダイアログが出ますので、表示された文字列をマウスでドラッグ選択してコピーします。

エラーの場所に戻り、右クリックから「Edit」を選択して文字列を貼り付けます。

下図のように、エラーが消えて貼り付けた文字列に置き換えられればOKです。

Template 以外でエラーが出ている項目は、変更を元に戻して対応します。Skyrim.esm あるいは HearthFires.esm から値をドラッグ&ドロップするか、右クリックして Remove を選択し、消してください。「TPLT – Template」にさえ正しい FormID を入れれば、ゲーム内では問題なく見た目が変わるはずです。

2種類のマネキンともにエラーを修正したら、Save して保存すれば終了です。

これで任意のNPCにすることができました。元のNPCからコピーするだけなので、やるべきことさえわかれば時間はかからないと思います。

わら人形からNPCの見た目になると、着せ替えをいろいろと考えるようになって楽しいし、家に帰ったときにはふと立ち止まって眺めてしまったりします。個人的にはアーンゲールさんとかヴァレリカさんとか、普段あまり出会わない人にしておくのがおススメです。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

5 + four =