【CODE VEIN】200時間やればニューゲームで死ぬはずがない

いやもうめっちゃ面白い!ひたすら永遠にやっていたら、いつの間にか200時間になってました。これだけやったんだから、通常難易度となるニューゲームなら死ぬはずがありません。ということで、大好きな銃剣縛りで攻略していこうと思います。

死んだら即終了…しません。そんなまさか死んだりはしないですけど。

重要アイテム取得 & 地形解放率100% 銃剣攻略

重要アイテム(血英、再生力の拡張因子、再生力の活性因子、宝箱)を取得すると同時に、地形解放率を100%にしながら、銃剣で攻略していきます。イベント、および活動拠点や深層での行動はカットし、メインルートに特化した動画となっています。

武器は、開始直後以外すべて銃剣装備です。軽いから素早いステップ回避ができるのと、足場の悪い場所でも遠距離攻撃で倒せるのとが利点。狂騒オオカミやベロリンスライムに対して振りが盛大にスカってしまうのが欠点。序盤で手に入る銃剣は、軒並み銃撃の射程が短いので苦労しました。

吸血牙装は、見た目が好きなので 暗夜の荊棘 シリーズで統一しています。バックアタック吸血のモーションがクールな上、遠距離吸血もできて全体的な性能のバランスが良く、とても使いやすいです。色違いの中では 白夜の荊棘 が一番好き。

生きろ、死してなお

このゲームの面白さは、個々のプレイスタイルに合うようなブラッドコードと練血スキルの組み合わせを、自分なりに考えて作り上げるところにあると思います。練血でしっかりと長所を引き出したり弱点を補ったりするようになるにつれ、面白さがどんどんわかってきます。その練血を使うために、いかにして血を吸うのかを考えるようになる。

私は、1週目こそ片手剣オンリーで最後まで攻略していました。しかし、ミアが撃つ魔弾の輪舞がなかなか強いのを見て、銃剣の使いどころを探るようになりました。銃剣は、銃撃ができるものの威力はそこそこ、武器の振りは片手剣より遅い、ということで弱い武器認定されやすいですが、様々な状況に対応しやすい武器でもあります。銃撃で先制し、近づいてきたらステップ回避を利用してバックアタック、というのを基本戦法とすることで、オールレンジで戦うことができます。

そして、技扱いとなる魔弾の輪舞を遠距離から撃てるのが銃剣最大の利点。出が早い上、威力もかなりあります。4発連続で出る魔弾は、敵を倒したら別の敵に残りの弾を撃ってくれるため、無駄がありません。手動でロックオン先を切り替えて撃ち分けることも可能です。ミアとともにオーバードライブを乗せて撃つのがお気に入り。

ただし、ボス戦だけは片手剣の方が戦いやすいです。銃撃が役立つボスってオリバーくんと毒蝶くらいなのでね。

華麗なるブローディア2連奏

ステージ構成は、全般に色々な景観が見られて良いと思います。聖堂あり、雪山あり、炎あり。1か所だけ、移動回避性能低下+冥血ストック喪失という二重苦の床が敷き詰められたステージは苦手。耐性を得られる転成がない上に、吸血攻撃をしにくい敵が多くて困る。さらに、砂玉になってモーションが見えない謎の強敵…

動画ではカットしましたが、仲間それぞれにあるバックストーリーによって感情移入しまくるのも良いところです。マルチエンディングはバッドエンドがものすごく良くて、ごめんって気持ちとありがとうって気持ちで号泣した。バッドエンドおすすめ。とは言えグッドエンドもなんでそこまで…ってなって号泣する。結局泣く。

DLCは3つあります。ジャックの過去を見てストーリーを隅々まで把握したいなら、本編+シーズンパス(DLC3つセット)のデラックスエディションを買いましょう。仲間の衣装替えだけが目当ての場合には、その衣装に対応したDLCを単体で買ってもOK。

少しでも多くの人にこの魅力が届きますように。

CODE VEIN on Steam

どうか、続編を…!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

eighteen + eight =