Simple Follower Extension FC – 公式 Creations 専用のフォロワー拡張MOD

Skyrim Special Edition (SE) で利用できる Creations に、フォロワー拡張MODの Simple Follower Extension FC (for Creations) を公開しています。通常の会話ダイアログを通して、フォロワーを10人、動物を10頭まで連れて行けるようになります。


  1. Bethesda.net 公開ページ
  2. Creations とは
  3. インストール / アンインストール
  4. 既存の Simple Follower Extension AE との違い
  5. SE 1.6.1130 以降のプラグイン互換性について

1. Bethesda.net 公開ページ

Bethesda.net アカウントと Steam アカウントとを連携させている場合、上記サイトでブックマークしておくと、ゲーム内の Creation を開いてすぐにダウンロードすることができます。

このFC版は、Xbox ユーザー、もしくはSEでSKSEを利用していないユーザー向けです。もしSKSEを利用できる環境があるなら、MCM (Mod Configuration Menu) も使える Simple Follower Extension AE の方が上位互換です。


2. Creations とは

2023年12月5日のアップデートで「Bethesda Game Studios Creations」というものが実装されました。この Creations は、これまでMODと呼ばれていたコンテンツを「Creation」という名称に変更するとともに、ゲーム内から直接ダウンロードできるようにするプラットフォームです。

最新のSEでは、ゲーム内のメニューに「Creation」という項目が追加されています。これまでは「Creation Club」や「Mods」の項目があったように記憶していますが、それらも統合されています。Anniversary Edition (AE) を購入すると有効になるコンテンツ群もここに含まれており、以前とは違って起動時に自動でダウンロードしてくれるようになっていました。

メニュー画面(SE 日本語版 1.6.1170)
Creation 画面

SKSEを入れ、MOD管理ツールを使って環境を作り込む人にはあまり関係がありません。しかし、PCでSKSEを利用しないユーザーや、Xbox、PS4のユーザーにとっては、より手軽にMODを試せる良い機会になると思います。


3. インストール / アンインストール

当MODのインストール方法は Creation 画面からアクティベートするだけです。ロード順は不問です。

アンインストールの際は、すべてのフォロワーと会話して別れてからセーブし、Creation 画面で無効にしてください。


4. 既存の Simple Follower Extension AE との違い

FC版の機能はAE版とそれほど変わらず、以下の通りです。詳しくは Simple Follower Extension AE のページをご覧ください。

  • フォロワー枠の増加
  • 敵対防止機能
  • 離脱防止機能
  • 罠の作動防止機能
  • リラックス行動
  • 死亡通知

Creations ではSKSEを利用できないため、FC版は以下のように一部の機能を制限しています。

  • 離脱防止機能の発動タイミングが少ない。
  • プレイヤーが会話中にフォロワーの自由なおしゃべりを防止できない。
  • MCMがない。
  • MODを停止するときは、自力ですべてのフォロワーと別れる必要がある。

FC版での離脱防止機能は、ロケーションを移動した際、スニークした際、およびフォロワーの戦闘状態が変化した際にのみ発動します。AE版では、武器の抜刀・納刀の際にも発動していました。この制限により、フィールド移動中、フォロワーと離れてしまっていて1人だけで戦う状況がやや起こりやすくなるかと思います。

MCMがない影響としては、離脱防止機能の設定変更ができないこと、フォロワーの不死化ができないこと、MODの機能停止をボタン1つで行うことができないことが挙げられます。

今回のFC版では、MODの停止は手動で行ってもらうようにしました。自動停止ボタンを設けていないため、停止前にすべてのフォロワーと会話して別れておいてください。特に、クエスト「デルフィンのところに従者を連れていく」を進行させる際には一旦MODを停止する必要がありますので、注意が必要です。

FC版を出したことで種類が3つに増えてしまったので、大まかな使い分けを表にしておきます。

種類対象ユーザー必須環境
FC版Xboxの方、AE/SEでSKSEを導入していない方SE 1.6.1130 以降
AE版SKSEおよび SkyUI を導入している方SKSE、SkyUI
無印VRの方、LEで SkyUI を導入していない方SKSE

FC版は、AE版へアップグレードできるように作成してあります。FC版を使用中でも、任意のタイミングでFC版を外してAE版を導入することができます。AE版からFC版への移行については、動作はしますがエラーを出すのであまりお勧めしません。無印は他と互換性がありません。


5. SE 1.6.1130 以降のプラグイン互換性について

最後に、SEをダウングレードしている方へ向けて情報共有をしておきたいと思います。

SEのバージョン 1.6.1130 以降、プラグインファイル(.esp/.esl)のバージョンが新しくなりました。これまでは Form 44 のバージョン 1.70 だったものが、1.71 に上がっています。その結果、1.71 のプラグインは SE 1.6.1130 より前の環境では使用できなくなっています。最新版の Creation Kit (CK) で作成されたプラグインは 1.71 になっていますから、ダウングレードユーザー側の対策として次のSKSEプラグインは必須です。

一方、Creations を利用している方はSE最新バージョンのはずですから、この対策は不要です。

逆にMOD (Creation) の作者側の視点で何か対策ができるのかというと、これについてはほとんど情報がありません。最新版のCKでプラグインを作成するともれなく 1.71 になってしまいます。一応、SSEEdit でバージョン番号を書き換えれば使えるという情報がありますが、それだけで本当に大丈夫かどうかは今後見極めていく必要があると思います。

以上のことについて詳しく知りたい方は次のサイトをご覧ください。今のところ情報が非常に少なく、私が調べた限りではここより詳しく解説してあるサイトは見つかりません。

SEの環境構築は終わりが見えませんね。新しいものに挑戦することは大事ですが、そろそろスカイリムには落ち着いて欲しいと思う気持ちも少しあります。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

twenty + six =